精密根管治療(マイクロエンド)

マイクロスコープによる治療

こんにちは。

 

南館歯科クリニックの院長の木村です。

 

 

上の前歯の根っこの治療についてご紹介します。

 

歯の神経が取ってある歯で

痛みなどはでていませんが

歯の根の先あたりの歯肉に

オデキの様なものがありました。

 

レントゲンで確認すると

根の先に細菌感染があり

さらにかぶせ物を外し

古い薬を取っていくと歯(根っこ)に穴が空いていました。

 

南館歯科クリニックのブログ

歯にゴムのマスクをかけ

これ以上感染しない様にした状態で

マイクロスコープ(顕微鏡)を使って

神経の管と穴が空いている部分を丁寧に清掃・消毒をしました。

 

現在経過観察中ですが

おそらく大丈夫でしょう。

 

○○さん

歯は残せそうなので良かったですね。

もう少しで治療は終わります。

がんばりましょう。

 

 

【顕微鏡歯内治療について】

 

マイクロスコープ(顕微鏡)を使った

歯内治療(根っこの治療)は

肉眼では確認できない感染物の除去や

穴が空いてしまった歯の治療などに効果的です。

 


南館歯科クリニックのブログ

実際の映像です。

画質が悪くて分かりにくいですが

直径1~2mmの神経の管が

大きく拡大され

根っこの先まで見えています。

この状態で清掃・消毒そして薬を詰めていきます。

 

根の治療をしているが

なかなか治らない場合や

しっかりした治療をご希望の場合は

一度ご相談ください。

 

 

*ただし決して魔法の治療ではありません。

 マイクロスコープを使ったからといって


 治らないものまで何でも治るということではありません。


 治癒する可能性が格段にあがるということです。


 よく相談をうけますが、その点はどうぞご理解ください。