精密根管治療(マイクロエンド)

右下の歯の顕微鏡歯内治療

こんにちは。

 

南館歯科クリニックの院長の木村です。

 

 

右下奥歯のマイクロスコープによる歯内治療についてご紹介します。

 

この方は

右下の歯の痛みで来院されました。

虫歯により

歯の神経にばい菌が感染してしまったことが原因でした。

 

歯の神経(正確には神経の入っている管)の治療について

患者さんと相談した結果

マイクロスコープ(顕微鏡)による歯内治療をご希望されたので

当クリニックで治療を行いました。

 


南館歯科クリニックのブログ

治療中のお写真です。

 

これ以上感染しない様に

歯にゴムのマスクをかけ

マイクロスコープで神経の管の掃除をしています。

 



南館歯科クリニックのブログ

治療後のレントゲン写真です。

 

分かりにくいですが

根の先までしっかりと薬(白く映っている部分)が入っています。

 

この後は

ファイバーポストという芯で

歯を補強し

セラミックで機能・審美を回復していきます。

 

 

○○さん

マイクロスコープによる治療は

少し時間がかかり大変ですが

土台となる歯の根っこの治療は

その歯の今後(寿命)に大きく影響します。

がんばっていただきありがとうございました。