セラミック矯正

審美歯科治療 セラミック

こんにちは。

南館歯科クリニック 院長の木村です。

左下臼歯部の2次虫歯をセラミックで治療したケースです。

 

この方は、インビザラインで歯列矯正を行った後の虫歯治療です。

矯正で歯を並べると、かみ合わせが変化します。

そのため、昔(矯正前)の咬合で作った補綴物(詰め物)は、新しい咬合では合わなくなります。(当たり前ですが。)

よく成人矯正では、歯を並べ終えたら、古い詰め物や被せ物をやり替える必要がでてきます。(もしくは削って形態修正。)

 

今回のケースは、詰め物の下に虫歯が残っていたため、患者さんのご希望もあり、セラミックでの治療を行いました。

マイクロスコープ下で虫歯の取り残しがないよう注意しながら除去し、歯の神経にも感染は認められなかったので、セラミックでの審美的な回復を行いました。

 

とても喜んで頂けたので良かったです。

頑張っていただきありがとうございました(^^)

 

山形市でマイクロスコープ治療専門の歯科医院
南館歯科クリニック
Tel:023-644-0018