歯周病専門治療

歯間ブラシは大切です

こんにちは。

南館歯科クリニック、歯科衛生士の佐藤です。

今回は、歯間ブラシの効果についてお伝えいたします。

 

このブログでも、歯間ブラシは登場したことがあるので、歯間ブラシが大切だということくらい既にご存じの方もいらっしゃると思いますが、本当に大切なので、しつこくまた書かせていただきます。

この方は、歯ブラシを良く当ててくださっていて、歯の表面はピカピカ!!

ところが、歯と歯の間にプラークが残ってしまっています。

ここで登場するのが、歯間ブラシです!

歯と歯の間に差し込み、大体10回から20回ほど前後に動かし、歯と歯の間をこすっていきます。

少し角度を変えながらさらに10回ほど。

どうでしょう!!

こんなにきれいになりました☆

 

どんなに歯磨きを頑張っても、普通の歯ブラシだけでは磨ききれないところがあります。

そういったところは、歯間ブラシなどの補助用具を使いながら、徹底してお口の中の環境を良くしていけたらいいですね。

 

しかし、歯間ブラシのは、サイズがたくさんあります。

サイズの合っていない歯間ブラシを使ってしまうと、汚れが落ちなかったり、歯肉を傷つけてしまったりすることもあります。ですので、使用する時は、歯科医師の先生や、歯科衛生士の方に相談をして、合ったサイズを確認してもらった方が良いと思います(*^_^*)

 

今のケアで大丈夫かな?

なんて思っていらっしゃる方はぜひ、南館歯科クリニックにご相談ください(*^_^*)

お待ちしております。