歯周病専門治療

歯磨きの難しさ

こんにちは。

南館歯科クリニック、歯科衛生士の佐藤です。

 

今回は、歯磨きの時に使用する補助用具についてです。

歯磨きと言えば、歯ブラシですね。

歯ブラシは絶対的に必要なものですが、実はそれだけでは磨ききれない場合もあるんです。

例えば、歯と歯の間や、歯がねじれているなどで、ブラシが当てにくい所。そんな箇所には、補助用具を使用して磨いていきます。

この方は、歯の表面はきれいに磨けいますね。歯周病の予防では絶対磨かなければならない、歯と歯茎の境目も磨けています。

ところが、歯と歯の間にプラークが残っています。

患者さんに聞いてみると、普通の歯ブラシでの歯磨きは頑張ってやっているが、そのほかのブラシはサボっていたとの事でした。

やっぱり、顕著に残ってしまいますね。

ということで、今回は、歯間ブラシとワンタフトブラシを使用していきます。

三か所、ピンポイントで磨いてみましたが、

状況にあった道具を使うと簡単にプラークは落とす事が出来ます。

患者さんとも一緒に確認をして、歯間ブラシとタフトブラシの再開をお願いしました。

 

南館歯科クリニックでは、メンテンナンス時に染め出しを行い、普段の歯磨きで疎かになってしまっているところがないか、確認を行っています。

自分では気づかなかった苦手な所や、ついつい手を抜いてしまっているところがないか定期的に確認することでまた気を引き締めて磨いていただければと思っています。

そういえば、最近サボっているかも・・・。と思った方は、今日からまた気を引き締めて頑張って磨いてくださいね(*^_^*)