オールセラミック

左上臼歯部の審美治療

こんにちは。
南館歯科クリニックの院長の木村です。
 
左上奥歯の審美治療の症例についてご紹介します。
 
かなり長い間(数年)

仮歯でそのままになっていた症例です。

 
今回は仮歯の脱離で来院されましたが
しっかり治療したいとの希望があったため
当クリニックで治療を行いました。
 
長い間仮歯で過ごされていた結果
仮歯の噛む面がすり減り
歯がむき出しの状態になっていました。
しかも仮歯がすり減った分
ご自身の歯が下がってきてしまっていたので
今回の再治療時には
クリアランス(下の歯とのスペース)を確保するため
歯を削合する必要がありました。
もともと削ってあったため
神経を温存できるか心配でしたが
なんとか被せ物を製作するのに必要な量を確保できたので

神経を温存した状態で治療を行うことができました。


治療直後です。

満足していただきました。