ダイレクトボンディング治療

左下小臼歯 ハイブリットセラミックによるダイレクトボンディング治療

こんにちは。

南館歯科クリニッの木村です。

左下小臼歯の虫歯治療の症例についてご紹介します。

2次虫歯による
再治療の症例です。


治療途中です。

ラバーをかけ
マイクロスコープを使って
残っている古い詰め物と
虫歯を除去しました。

中央の黒い部分は
神経に近い部位で
修復象牙質といわれる部分です。

エナメル質と象牙質の境界部分も
虫歯の取り残しが多い場所なので
薬と顕微鏡を使用し
取り残しがないよう慎重に除去しました。


治療後です。

満足していただきました。

写真でもわかりますが
器具を掛けている歯も
レジンといわれるプラスチックが詰めてあり
2次虫歯が進行しています。

この虫歯は
レントゲンでみると
歯の神経に感染してしまっていたので
現在
マイクロエンド(顕微鏡下での専門根管治療)を行っています。

○○さん
少しずつですが綺麗になっています。

歯周病専門治療も受けていただき
歯茎の状態も
だいぶ回復してきています。

良い結果を目指し
一緒に頑張りましょうね(^^)