「本気で治したい」という方の
想いに
応えることのできる
クリニックを目指しています。

別次元の治療精度を可能にする!
マイクロスコープ
山形初!全室完備

当院のマイクロスコープ
(手術用顕微鏡)

当クリニックは全個室にマイクロスコープを常設し、ほぼすべての治療に、このマイクロスコープを使用しております。
歯科治療は、目に見えない細菌と治療精度との戦いです。
南館歯科クリニックでは、その武器として医療現場でも世界的に評価の高いドイツ・カールツァイス社製:【OPMI Pico with MORA interface / バリオスコープ仕様(対物レンズ) / LED仕様】を導入。同仕様のものは、山形県では初となります。
レンズは、多層膜反射防止コーティングのアポクロマートレンズを使用。これにより、像がぼやけることなく視界が鮮明なので、より精密な治療を行うことができます。

マイクロスコープを使用した治療

マイクロスコープ下での治療には、長い治療時間はもちろんのこと、高い治療技術が求められます。しかしそれがないと、特に根管治療(根の治療)の際に、根尖孔そのものや、根尖での分岐、側枝はもちろん、根管の微細な構造を発見し、その内部を見ながら治療を行うことは、ほとんど不可能となります。また細菌はそういった部分に潜んでいることが多いため、再発の原因となってしまうこともあります。
したがってマイクロスコープの導入は、当クリニックの再発の少ない最善の治療を提供するという理念のためには、欠くことのできないものであると思っています。

現代医療において、マイクロスコープは、脳外科、心臓外科、耳鼻科、眼科などの医科の分野では、あたり前のように使用されており、これは顕微鏡レベルでの拡大視野のもと行う施術の有効性を証明するものとして、疑う余地もありません。

歯科治療においても、顕微鏡下で行う根管治療(マイクロエンド)や、歯冠・歯根破折治療、顕微鏡下で手術を行うマイクロサージェリー、その他歯を削ったり詰め物をする際に、想像をはるかに超える威力を発揮します。

このようにマイクロスコープは、歯科治療の分野においても非常に有効性の高い武器です。しかしマイクロスコープを使用しての治療には、高い治療技術が求められます。正しく使えなければ、いくら導入したからといって治療レベルが上がるわけではありません。
また当クリニックでは、ハイビジョンカメラにより、歯の状態や治療過程を録画して、映像で内容を説明することも可能です。
治療は、まず患者さんにご自身の状態を正しく理解していただくことが大切なので、ご自分の映像を見ていただくことは、とても重要であると考えています。

いままでの歯科治療の多くは、肉眼と手指感覚で行われてきました。しかし人間の目には限界があり、虫歯(細菌)の取り残しや、精度の甘い部位からの細菌の侵入などにより、一度治療したところが再発してしまうケースが残念ながら多く見受けられます。
南館歯科クリニックでは、「本当に最善の治療ができているのだろうか」という疑問に対し、脳外科や心臓外科など緻密な治療を求められる分野では、当然のごとく使用されているマイクロスコープを、全個室に常設し、「再発リスクをできる限り減らす」ことに力を注いでいます。

「診断が変わる」
高性能CT検査機器

次世代CT再構成診断ソフト
搭載
歯科用CTを導入して
います

当クリニックでは、次世代CT 再構成診断ソフト「GIDORA」を搭載した歯科用CT を導入しました。
CT 画像診断において、最大の課題である金属アーチファクトを除去する技術や、画像データの信頼性を大きく向上させる高精度のCT 値出力など、さまざまな技術を搭載。
これまで以上に精度の高い診断を行うことが可能となります。

※第24 回中小企業優秀新技術・新製品賞優秀賞受賞

CT画像診断の必要性

CTとは、Computed Tomography:コンピュータ断層撮影法の略であり、エックス線を使用して身体の断面を診断するのに用います。またコンピュータ処理により3D画像を作り出し、歯や顎骨を立体的に観察することもできるので、様々な病変の発見に役立ちます。
従来のレントゲン(パノラマ、デンタルなど)は、2次元の平面画像なので、得られる情報も限られていました。
一方、CTとは3D(3次元)画像を得ることができますので、2次元画像ではわからなかった歯や骨の形態、神経の位置などを詳細に把握することができ、より正確な診査・診断および治療が可能となります。
したがってマイクロスコープの導入は、当クリニックの再発の少ない最善の治療を提供するという理念のためには、欠くことのできないものであると思っています。

2次元の平面画像

歯科用3D画像

今までの歯科用CTとの違い

1.正確に骨質を把握

他の歯科用CTは歯やあごの骨を立体的に把握することはできるものの、骨質(硬さ)について正確に把握することはできません。
一方で、当院の歯科用CTは骨質(硬さ)を正確に計測できるため、骨質(硬さ)を事前に把握しておくことが重要であるインプラント治療に特に有効です。当院の歯科用CTは数ある歯科用CTの中でも特に優れた性能を持つ装置です。

硬い顎の骨

柔らかい顎の骨

2.金属の影響を除去

口の中は体の他の部分とは違い、歯の詰め物や被せものとして金属があります。
金属はX線を通しにくいため、その影響でこれまでのCTでは周りの骨の状態が把握できないことがありました。
当院の歯科用CTは金属の影響を除去するプログラムを搭載していますので、他のCTでは金属の影で映らない部分の骨でも診断することができます。

【これまでのCT】
金属の周りが黒くなり映っていません

【当院の歯科用CT】
金属の周りでも骨の状態を診断できます

より安全で確実なインプラント治療のために

インプラント治療は骨の中にインプラントを埋め込む治療で、顎の骨がどういう形態になっているのか?神経はどの位置にあるのか?隣り合う歯との関係性はどうなのか?などを把握するために、立体的に診ることがとても重要となります。
そういった立体的な把握に加え、骨質(硬さ)も評価することができる当院の歯科用CTは、他のどの歯科用CTよりもインプラント治療に最適であるといえます。

さらに安全な
インプラント治療の実現

-インプラント手術支援システム「Landmark System」との連携-

当院では歯科用CTに加え、日本トップシェアである
アイキャット社のインプラント手術支援システム「Landmark System」を採用しています。

  • 01診断・治療計画

    撮影したCTデータをインプラントシミュレーションソフト「LANDmarker」に取り込み、患者さま毎のあごの骨の硬さや形、神経の位置などをより詳細に確認しながら、診断することが可能です。

  • 02手術

    手術の際には診断した結果をもとにインプラントを精度高く埋入できるようサポートする手術支援器具「Landmark Guide」を作製します。
    より安心・安全な手術を実現するとともに手術時間を短縮し、患者さまの負担も軽減します。

  • 03その他の治療もより安全に

    次世代歯科用CT「RevoluX」は、インプラント治療以外にもさまざまな治療で有効に活用することができます。

  • 04患者さんに負担の少ない撮影 ~わずか20秒~

    CT撮影というと大掛かりな撮影を想像されるかもしれませんが当院の歯科用CTは短時間(20秒程度)で撮影が完了します。
    もちろん痛みも何もありません。

患者さんに優しい被ばく

CT撮影には被ばくが伴いますが当院の歯科用CTは低被ばくを実現した装置です。
医科用CT装置の15分の1程度の被ばくで安心してご撮影いただけます。

被ばくについて

成功率を限りなく
100%に近づけるために

超高性能インプラント
解析診断ソフト
「BioNa」

インプラント解析ソフト
「BioNa」とは

『ビオナ( BioNa)』 とは、最新のCTスキャンを用いて撮影した画像データを元に、患者さんの顎の骨を3Dで表示するための解析ソフトであり、近年インプラントの学会にも出展され注目を浴びている、世界初の革新的国産技術を搭載した非常に高性能なインプラントシミュレーターです。
表示された画面を見た患者さんが「おぉ~」と感心されるほど精密な3Dモデルを使用したシミュレーションデータを施術前に患者さん自身の眼で見てご理解・ご納得いただくことで、より安心して治療が受けられると好評をいただいております。

南館歯科クリニックの
インプラント成功率への想い

患者さんの負担を最小限に

このインプラント3D解析ソフトを導入したきっかけは、当院の患者さんに、肉体的にも精神的にも負担が少ない治療を提供したいという想いからです。患者さんの中には、インプラントに対して“怖い”という印象を持たれている方が少なくありません。その中で「どうやったら患者さんの怖さや不安を軽減できるだろうか」と考えた結果が解析ソフトの導入でした。

今までももちろん、低リスクで低侵襲(できるだけ痛くない・ダメージが少ない)な治療を行ってきましたが、解析ソフトの導入で、さらに患者さんへの負担が少ない治療を提供できるようになったと確信しています。

治療成功までのレール

低リスク・低侵襲の治療を進める上で大いに役に立っているのが、このサージカルガイドと呼ばれる『型』でしょう。これは解析ソフトのデータを元に患者さんのお口の状態を正確に反映し作製されます。

この型には穴が空いており、その穴に人工歯根(インプラントの土台)を埋め込むための穴を形成するドリルを通すことで、正確な位置に人工歯根を埋め込むことができます。つまりサージカルガイドは治療を成功に導いてくれるレールなのです。

自分の家族にも受けさせたい治療を

このように解析ソフトを用いることで、患者さんにとって負担の少ない治療を“見える形” で提供できるようになったということが一番の成果だと感じています。
今まではレントゲンやCT の写真を使って、口頭で「ここをこのように治療します」ということを伝えていたのですが、解析ソフトを導入したことで、“口の中のどこの位置に” “どれくらいの長さの人工歯根を” “どれくらいの角度で” 埋めるかが一目瞭然となりました。
これで患者さんの精神的負担はかなり軽減されたと思います。
愛する自分の家族がインプラント治療をする際に、受けさせてあげたい理想の治療を、患者さんに提供できるようになったと実感しています。

患者さんの負担を軽減する最新技術 サージカルガイド

サージカルガイドとは、インプラント手術時に骨に人工歯根を埋めるための穴を開けるドリルを、最適な位置に導く『型』のことです。
インプラント解析ソフト『ビオナ( BioNa)』を用いることによって、患者さんの歯や骨、歯ぐきの状態を正確に把握できるので、この世に一つしかないあなただけの型を作ることができます。

このサージカルガイドを使用してインプラント手術を行うことによって、インプラントの安全性・正確性が飛躍的に向上します。

インプラント治療と
安全性を飛躍させる

サージカルガイデット
サージェリー

サージガルガイドとは

インプラント治療とは、専用のドリルを使用し顎骨に直径約3~5mm、深さ約8~12mm程度の穴をあけ行う処置ですが、その際ドリルの位置や深度、角度などを正確に導き、またドリルのぶれなどのテクニックエラーが起きにくいように保持するための器具が「サージカルガイド」です。
このサージカルガイドの使用によって、インプラント治療の最大のリスクであるドリリングの不具合を最小限に抑えることができます。
当クリニックでは、インプラント治療において、より安全で正確な治療を行うことを最優先に考え、世界初の革新的国産技術搭載のインプラント3D解析シミュレーションソフトを導入し、綿密な治療計画の立案を行っています。
また、そのデータをもとに、コンピューター管理のもと精密に作製されるサージカルガイドを使用し、治療計画に基づいた安全・正確かつ外科的侵襲のより少ないインプラント治療を行っております。
サージカルガイドは、インプラント手術の安全性向上、手術時間短縮、身体的及び精神的負担軽減に貢献します。

従来の治療法とサージガルガイドを使った治療法の比較

一般歯科医院と南館歯科クリニックの
インプラント治療フローの比較

従来の入れ歯 オーダーメイド入れ歯
インプラント
手術の概念図
手術方法 残された歯や粘膜の位置から推測してフリーハンドでドリルする。 3次元像CT画像に人工歯根の埋入位置をシミュレーションして、CAD/CAM製作したサージカルガイドをガイド孔に合わせてドリルする。
安全性 位置決めが難しく、医療事故や不適切な処置が起きる危険性がある。 骨や神経の正確な位置情報に基づきサージカルガイドが設計されているため、手術の安全性が高い。

サージカルガイドの作成方法(CAD/CAM作製)

事前に患者さんのアゴの石膏模型をお作りし、それに合った専用のテンプレート(マウスピースのような物)を口腔内に装着しCT(コンピューター断層)撮影を行います。
そのCTデータをインプラント専用の高精度解析ソフトで立体画像化し、歯科医師がソフト上で、一人一人の患者さんそれぞれに最適なインプラント手術計画を決定致します。
その計画に従って安全・正確に手術を進めるために、3次元立体プリンターで「サージカルガイド」をお作りしております。
当クリニックのサージカルガイドは口腔内の骨や神経管の高精度3次元情報を基に設計・造形されるため、歯肉を剥離しない低侵襲なフラップレス手術を行うことも可能です。

CAD:
精査された3次元CT顎骨像に対し触力覚感知デバイスを用い、独自のノウハウから症例毎に最も適したデジタルワックスアップを実現します。

CAM:
設計データを3次元積層造形装置(EDEN 260)に送出し、インクジェット方式で樹脂を積層(16μm)させ、高精度なサージカルガイドを造形します。

  • BioNaシミュレーション画像
  • 歯牙支持型フラップレス
    サージカルガイド+顎骨模型

感染リスクを徹底して
コントロールするための

ラバーダム防湿

細菌による感染を防ぎ
再発のリスクを最小限に
抑えるために
当院ではラバーダムを
使用しております。

ラバーダムの魅力とは

ラバーダムとは、根管治療(歯の根っこの洗浄等)などの際に、歯に装着するゴムのマスクのようなものです。
このラバーダムをすることによって、患者さんの口の中に水が溜まって苦しくなるのを防いだり、間違って器具を飲み込むのを防いだり、治療器具が患者さんの頬や舌にあたることを防ぐことができるなど、多くのメリットがあります。

その中でも一番のメリットが細菌感染による再発リスクの軽減です

ラバーダムとは、根管治療(歯の根っこの洗浄等)などの際に、歯に装着するゴムのマスクのようなものです。
このラバーダムをすることによって、患者さんの口の中に水が溜まって苦しくなるのを防いだり、間違って器具を飲み込むのを防いだり、治療器具が患者さんの頬や舌にあたることを防ぐことができるなど、多くのメリットがあります。

アメリカの根管治療専門医は、治療時にラバーダムの使用が義務付けられているほど、国外では当たり前となっている治療手段なのです。

感染対策へのこだわり

お口の中は、皆さんの想像をはるかに超える無数の細菌が生息しています。つまりラバーダムを使用せずに治療を行うということは、せっかく治療した歯を細菌まみれにしてしまうということになります。これは特に歯の根っこの病気の再発の大きな原因となります。
ラバーダムをかけて治療することで、それらの細菌を徹底的に排除でき、再発のリスクを極限まで少なくすることができるのです。
また歯に詰め物を接着する歯科用接着剤などは水分にとても弱いので、それらを水分から守る役目も果たします。
徹底して治療時の感染対策を行い再発のリスクを避け、歯の健康を維持するためには、ラバーダムは欠かせない道具なのです。

ラバーダムを使わないと・・・

ラバーダムが特に威力を発揮するのは、根管治療(歯の根っこの治療)の時です。歯の根っこの治療の際、ラバーダムを使用せずに治療を行えば、その部分は常に細菌に汚染された状態となります。これこそが歯の根っこの病気の再発の原因となるのです。
万が一、再発が起こった場合、その歯は神経が抜かれているので痛みを感じることができません。そのため目で見て異常が分かるくらいの状態であったり、強い自覚症状が続くなどして、やっと歯医者に行こうと思うようになるのです。
しかし、その時点ではもう手遅れで、歯を抜かなければならない場合が多いのです。
たった一枚ラバーダムをかけるかかけないかの違いでその人の歯の運命が決まってしまうこともあるのです。

ラバーダムは保険で認められていない!?

ラバーダムが歯科治療時の感染管理をする上で欠かせない道具であることは先ほども述べました。しかしなぜか国の保険では認められていません。(国からお金が出ません)
これは国の歯科治療への考え方が「歯の痛みが取れさえすれば良い」というものだからです。再発のリスクを少なくするラバーダムは、国から“必要ではない”と見なされているのです。
確かに「虫歯の痛みだけ取れればいい」という考えであれば、ラバーダムを使った治療は必要ないのかもしれません。ですが「患者さんの歯を守りたい」と考える当院では、なるべく患者さんにもご理解をいただき、自費診療でのラバーダムを推奨しております。

根管治療以外にもラバーダムを使用いたします

ラバーダムを使うのは、徹底した感染対策が必要となる根管治療がメインになりますが、当院では患者さんのメリットを考え、ダイレクトボンディングや審美などの精密治療時もラバーダムを積極的に使用しております。
この治療でラバーダムを使う一番のメリットは、治療部位の水分を完全に遮断できることです。
もちろん細菌感染の防止も大きなメリットの一つですが、ダイレクトボンディングで用いる歯科用接着剤は水分に弱いので、ラバーダムを使用することによって、治療の質を落とすことなく治療を施すことができます。

殺菌効果を格段に高める
光レーザーLAD治療

LAD(光殺菌)治療とは?

感染部分に光感受性物質を注入し、光を照射することで殺菌する安全な治療法です。

医科では早期がんの治療法として

医科では1990年ごろから光やレーザーを用いて肺、食道、胃、子宮頸部などの早期がんに対して治療行う光力学療法(PDT=Photo-Dynamic Therapy)という治療法があります。

歯科では殺菌治療法として

歯科では数年前から欧米を中心に、抗生物質を使わない体に優しい安全な治療法としてLAD治療が急速に普及しています。
LADはLight Activated Disinfection の略で、日本語では「光殺菌」と訳され、光感受性ジェルを細菌に浸透させて光で殺菌する画期的な治療法です。

LAD(光殺菌)治療の特徴

医科では早期がんの治療法として

抗生物質による治療とは異なり、LAD治療は耐性菌をつくりません。

耐性菌にも効く

光感受性ジェルはあらゆる細菌の細胞壁や細胞膜に浸透します。
そのため、LAD治療ではすでに耐性化した細菌も殺菌可能です。

痛み、副作用がない

LAD治療は患部に光感受性ジェルを注入し、LED照射を行うだけで治療中に痛みを伴いません。
また、副作用もありませんので繰り返し治療に利用できます。

南館歯科クリニック臨床使用機材

最先端の光殺菌装置は世界でまだ数社しか販売されていませんが、CALLが臨床で活用しているのは、デンマークのCMSデンタル社のFotoSan630です。

LAD(光殺菌)装置 FotoSan630

どのように効く?

  • 光感受性ジェルが細菌の細胞壁や細胞膜に特異的に浸透します。
  • 特定の波長の光が照射されると、 光感受性ジェルがエネルギーを受け取り「活性酸素」を大量に発生します。
  • 「活性酸素」が細菌の細胞壁や細胞膜を破壊し、高い殺菌効果を発揮します。

適応性

細菌が引き起こすさまざまな病変の治療に有効です。

急性期

通常の治療の上にLAD( 光殺菌) 治療を行うと、「とどめの一撃」としての殺菌効果が期待されます。
これまでの治療方法では除去しきれない細菌を死滅させ、個人差はありますが治癒期間の短縮、感染の再発防止に大きく貢献します。

常に使用

加えて、LAD(光殺菌)治療は予防にも有効です。
ペリオやインプラントの定期健診、矯正治療のメンテナンスの際に予防的治療としても効果を示します。

※その他、カリエス、歯冠周囲炎、アフタ、ヘルペス、扁平苔癬、真菌など

オペ動画

エンド

イタリアのDr. Cristiano BoggianによるLAD装置の紹介とエンド症例です。LADは最新の抗菌治療です。素早く、効果的で副作用がありません。
あらゆる口腔内の感染、ペリオ、インプラント周囲炎、エンドに最重要アイテムとして活用できます。

LAD

ローマのSapienza 大学のGianluca Gambarini教授とDr.Gianluca PlotiniによるLADのライトが根管内でどう伝わるかを示すビデオです。青色の光感受性ジェルの充填の仕方、そのあとの赤色LADによる活性化を見ることができます。活性化により根管内の細菌が死滅します。この手法はLADと呼ばれ、歯科においてすごく効果的な感染コントロールです。この手法はエンドやペリオで用いられます。

ペリオ

歯周ポケットに注入した光感受性物質が細菌の細胞壁や細胞膜に特異的に浸透します。LADライトの照射により発生した活性酸素が細菌の細胞膜や細胞壁を選択的に破壊。

日本初の骨再生治療
TE-BONE

TE-BONEとは

東京大学医科学研究所と株式会社TESホールディングの共同研究で開発された日本初の骨再生治療法であり、患者さん自身の幹細胞及び血清を用いて作製された培養骨を移植して歯槽骨を再生させる最先端の治療法です。

患者さんのニーズに合わせたインプラント治療を可能に

インプラント治療の際に、インプラントを入れる部位の骨(歯槽骨)の量が不足していると、そのままではインプラント治療を行うことができません。 そこでこういった患者さんに、インプラント治療を行えるようにするために、肉体的負担が軽く、安全で短期間に、歯槽骨を再生する方法が開発されました。「患者さんご自身の細胞を用いて歯槽骨を再生する」この新しい技術は患者さんのニーズに合わせたインプラント治療を可能とします。

歯を支えていた骨(歯槽骨)は、歯周病や事故等で歯が抜け落ちた後、治療せずに放置しておくと、大きく痩せてしまいます。 この結果、歯槽骨の厚さが5mm 以下になると、インプラントによる義歯の装着が困難になってしまうことがあります。こういった場合、インプラント治療により義歯を装着するには、腰や顎の骨の一部を移植するか、人工骨を使った方法しか治療法が有りませんでした。

しかし、この方法では、健康な骨を傷つけるだけでなく、移植量によっては2~3週間の入院が必要となることがあるため、患者さんの身体的、時間的負担が大きいことが問題でした。

そこで東京大学医科学研究所と株式会社TESホールディングの共同研究で開発したTE-BONEを使用することにより、健康な組織を傷つけることなく、身体への負担が少ない方法で、不足した骨を再生しインプラント治療を可能にします。

このTE-BONEは、日本全国でも限られた歯科医院にしか導入されていない幹細胞を用いた日本初の画期的な骨再生治療法で、対応している歯科医院は、現時点(2012.05.07)で、全国で南館歯科クリニックを含め24医院のみです。

ちなみに、TE-BONEの治療を受けられる施設は指定の研修を受講し、認定を受けた医療機関に限られます。当クリニックは東北地方で第1号の治療認定施設に認定されました。

この方法では、治療期間の短縮や成功率の向上のみでなく、従来の治療法では治療が出来なかった患者さんにもインプラント治療が受けられる可能性が高くなります。
南館歯科クリニックは、患者さんの生活の質の向上に貢献していくことを目指しています。
TE-BONEは、東京大学での臨床研究で安全性と有効性が確認され、患者本人の骨髄間質細胞を用いて歯槽骨を再生させる治療法で、以下のような特徴が有ります。

TE-BONE治療の特徴

  • 従来の治療に比べ、治療期間が短縮される
  • 従来の骨移植と比較して身体的負担が少ない
  • 患者さんご自身の細胞の血清を使用する為、アレルギーや移植材料による感染の心配が無い
  • 上顎だけでなく下顎での骨再生も可能

TE-BONEの効果と特徴、臨床研究での有効性

効果

歯槽骨の量が大きく不足している場合には、これまでは動物由来の骨補填材を用いたり、腰や顎から骨を取ってきて移植する手術(自家骨移植)が行われてきました。
しかし骨補填材を使用した場合、長期の経過により骨吸収を起こし、インプラントの脱落へつながるケースが多くなっています。
また、自家骨移植の場合も、骨を取った場所の痛みや腫れがあるばかりか、手術時間が長くなるなど患者さんの負担が大きいことが問題でした。
TE-BONE は、健康な組織を傷つける必要がなく、手術時間も短くすることができるため、患者さんの負担が少ない治療といえます。
また事故の細胞を使うため拒絶反応は無く、自家骨移植と同程度の高い治療効果が期待できます。

このためTE-BONE は、歯槽骨が不足していて、インプラントができない方、インプラントの安定性が得られなかった方などに最適な骨再生治療法です。これまでのインプラント治療に不安がある方が対象となります。

臨床研究での有効効果

CTにより確実に骨が再生されていることを確認しました。

TE-BONEの治療の流れ

TE-BONEの治療の流れの図

TE-BONE 最先端治療に
ご関心のある患者さん、
他院でインプラント治療を
受けることができないと
宣言された患者さん

最も自分に良い治療法を受けたいと思われる患者さんはまず当クリニックまでご相談ください。